ディスレクシアと英語教育

それぞれに合った学び方

教室の中で子どもたちは一つ屋根の下で同じ授業を受けているけれど

皆が同じように知識を吸収しているわけではもちろんありません。

脳の使い方は人それぞれなのです。

ランゲージセンターのある左脳を主に使って学ぶ人は言葉を使って

学ぶことが得意です。

人口のおよそ15%-20%の人たちはこのタイプです。



ほとんど(60%-70%)の人たちは左脳と右脳の両方を使って

学ぶので言葉にビジュアル的なものプラスすることで学ぶことはより

学びやすくなります。英語講師が絵カードを手にして発音しながら

学ばせるのはこのためです。



そして残りの15%-20%の人たちは主に右脳を使って学びます。

ビジュアル的には優れた才能を持っているケースが多いのですが

読み書きを中心とする学習には困難さが伴います。


右脳の強さを最大限引き出して読み書きを学ばせるディスレクシア支援

の先進国アメリカやイギリスには新しい指導法が次々と生まれます。


一方、日本ではディスレクシアと診断されてもその後がお先真っ暗状態

なのです。診断されることよりも保護者の方にとっては具体的に学習に

関して手厚い支援が行政や教育の現場から差し伸べられたらどんなに

安心できるでしょう。障害なんて言葉がついて受け入れることそのものに

たくさんの時間が必要な保護者の方も少なくありません。


早期発見、早期療育、行政のパンフには必ずそう書いてありますが

発見できてもその子に合った療育がされないのなら見捨てたも同じ

ではないかと思うのです。

脳は不思議な臓器です。

どんな人にも偏りはあって何らかの不得意があるものです

世の中にはいろんな人がいてみんな自分の不都合が引き起こす

暮らしにくさを感じて生きているはず。


だとしたらもっと学びにくさから生きにくさを感じている子どもたちに

優しく手厚く支援してあげられるはずです。


読み書きの指導

文字をビジュアル化するだけでなく口の中の舌の位置などもわかるカードを使用しています

アメリカ手話のアルファベットサイン

ディスレクシアには人によって様々な症状が現れます

共通して言えるのは「音韻認識障害」簡単に言えば

話しことばを音の最小単位に区切る能力に弱い

ということです。例えば「あめ」を「あ」と「め」に分ける

能力です。


ディスレクシアの人たちは音と文字を結びつけて

覚えているわけではなく、一塊の図形として単語を

捉えて
記憶しています。

子どもたちにアルファベットの文字を覚えさせるとき

私たちは何度も書いて覚えさせようとしますが

音と文字を対応させて認識する事が苦手なために

症状が
起こっているとすればただ回数を書かせて

覚えさせるという
対処は全く意味がない事になります

どうやって書かずにアルファベットをマスターさせるのか。

①文字を絵ととらえて覚えてもらう

②多感覚を使った指導法でついでにアルファベットの

名前と音を覚えてもらう方法を同時に行う。

 

多感覚を使った指導法とは、視覚や聴覚、触覚、

実際に体を動かして(私の場合はサインを使う)
記憶力

や学習力を強化することです。

空間認知に問題のあって身体イメージが取りにくい

子どもでもサインを使ったフォニックスのレッスンを

続けていくうちにスムーズにサインを出せるようになる

といった利点もあります。

短期記憶の短い子どももいるのですがサインが記憶

の定着を助けるのか、記憶を引っ張り出すのかわかり

ませんが音声だけで学ぶよりずっと楽しく楽に覚えて

くれます。

 


 

新しい言語を学ぶことで自分に合った学び方に気づかせる

軽症の場合、日本語よりも英語に顕著にその症状が

現れるといわれているディスレクシア。

日本の子どもたちは英語を学ぶことを避けて通れませ

ん。私は長年子どもたちに英語を指導してきましたが

その中で出会ったディスレクシアの
子どもたちに英語の

読み書きを通常のやり方でマスターさせることは双方

が苦労
するばかりでとても大変でした。

アメリカでディスレクシアのことや指導法を学ぶまで

あれこれと試してみては失敗してい
らいらしたり、

がっくりしたりしていたのです。

 

今、私はディスレクシアの子どもたちに英語の読み書き

を指導する中で英語だけで
なく自分に合った学び方に

気づかせ、その学び方や理解の仕方を身に付けさせる

とで自分なりの学び方や社会での対応の仕方を学ん

でもらっています。

彼らは学べない障害を持ったのではなく学ぶことが

困難であるだけなのです。

とりでも多くの子どもと係わる方がディスレクシアの

知識を持って
彼らがどう学べば楽に楽しく学べるのか

を知っていただきたいと願っています。

子どもに英語を指導する方には特にディスレクシアについて学んで

その指導法を学んでいただきたいと願っています。

最新ブログ情報ブログを見る

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

一般社団法人   ディスレクシア支援協会モバイル
このページのトップ